運用のプロならではの株式相場・不動産投資・海外投資のまとめ!本当に賢い運用術でランクアップした人生を。

オプションラボ

利用規約/免責事項

<オプションラボ利用規約>

 

本規約は、オプション・ラボ(以下、弊団体)が提供するサービス(以下、各種セミナー/セミナー)を受講する者(以下、受講者)に適用されるものとします。

 

第1条(本規約の適用と変更)
(1) 本規約は当サービスに関わる一切の関係に適用します。
(2) 弊団体は、ホームページ上への掲示または弊団体所定の方法で閲覧者に通知することにより、本規約を追加、変更、削除できるものとします。それ以後受講者がセミナーを利用したときセミナー受講者がその内容を承認したものとみなします。

 

第2条(申込)
セミナー受講者は、弊団体所定の申込書、申込フォームに必要事項を記載の上、セミナー受講料の一部を“保証金”として銀行口座に振込んで支払うことにより申込を行います。セミナー受講に関する料金は、弊団体ホームページ上の “セミナー各種”の項にて掲載されている通りとします。

 

第3条(契約の成立)
1.セミナー受講者が申込後、弊団体がセミナー受講者に対して承諾する旨を伝え、セミナー受講者が保証金を支払ったことを確認できたときに契約が成立するものとします。
2.セミナー受講者が次のいずれかに該当する場合、弊団体は申込を承諾しないことがあります。
(1)契約の申込時に虚偽の申告をしたとき。
(2)未成年や学生のセミナー受講者が、親権者の同意を得ていないとき。
(3)期限までにセミナー受講料支払いのないとき、または支払いが完了する見込みがないと弊団体が判断したとき。
(4)セミナー受講者が未成年で、法定代理人の同意を得ていないとき
(5)その他、弊団体がセミナー受講者の受講が不適当であると、合理的または法的に判断したとき。

 

第4条(セミナー受講者からの解約)
セミナー受講者は、下記の条件で本契約を解約することができます。
(1)セミナー受講者がセミナー受講料を支払う前に、電子メールまたは書面による解約通知を弊団体より受け取ったとき。 ((1)の場合キャンセル料は発生しないものとする) *解約日の日付が記載されていない場合、上記の通知を弊団体が受け取った日時とします。
(2)セミナー受講日から一週間前までのキャンセルは振込手数料などの諸経費を差し引いて弊団体より返金するものとします。解約日以前に終了したセミナーの受講料については受講者の参加、不参加にかかわらず返金しないものとします。
(3)セミナー受講日から一週間前以降の解約申込みについては、弊団体はセミナー受講者に対し、セミナー代金の一部である“保証金”の返金義務を負わないものとします。セミナー受講者がセミナーに参加しなかった場合も弊団体は保証金の返金義務を負わないものとします。

 

第5条(弊団体からの解約)
1. 弊団体は、次のいずれかに該当する場合、セミナー受講者の受講を禁止、又は本契約を解除することがあります。これにより、保証金を既に受領していても弊団体は、保証金の返還義務を負わないものとし、弊団体が損害を被っている場合には、この賠償請求を行うことができるものとします。
(1)セミナー受講者が指定期日までに受講料の一部である“保証金”の支払いを行わないとき。
(2)セミナー受講者の所在が不明、またはセミナー受講一週間前までにわたり、連絡不能なとき。
(3)セミナー受講者が弊団体に届け出た情報に虚偽または重大な遺漏があったとき。
(4)セミナー受講者が本規約のいずれかに違反したとき。
(5)天災、事故、事件、戦争、動乱、暴動、騒乱、その他第三者による行為により、受講/講義を行うことが著しく困難と認められるとき。
(6)その他、弊団体が契約の継続を行うことが著しく困難と認められるとき。
2. 弊団体は、前項各号のいずれか、またはその他の事由により各種セミナーやサービスの提供に遅延または中断等が発生したとしても、これに起因するセミナー受講者または他者が被った損害について、この規約で特に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。
3. 弊団体の責に帰する事情により講義を行うことが著しく困難と認められる場合、弊団体はセミナー受講者に受領した受講料を返還し本契約を解除するものとします。

 

第6条(情報の利用)
セミナー受講者は、事前に弊団体の同意を得ることなく、当サービスを享受する権利を第三者に譲渡してはならないものとします。

 

第7条(権利の譲渡) 受講者は、本サイト、セミナーを通じて得た一切の情報を、個人の私的使用の目的にのみ使用できるものとし、弊団体の許可なく商業目的に利用したり、私的使用の範囲を超える目的で複製、出版、転送、もしくは一般公衆が閲覧できる形で掲載する行為を禁止し、いかなる場合でも速やかに法的措置を取ることとします。

 

第8条(サービス/セミナーの一時的な中断)
弊団体は以下のいずれかの事由が生じた場合には、セミナー受講者に事前に通知することなく、一時的にサービスを中断することがあります。
(1) サービスを提供するために使用する第三者の管理する設備に関わる保守、障害、その他やむをえない事情により定期的にまたは緊急に行う場合
(2) 火災、停電等によりサービス/セミナーの提供ができなくなったとき。
(3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災によりサービス/セミナーの提供ができなくなったとき。
(4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービス/セミナーの提供ができなくなったとき。
(5) その他、運用上または技術上弊団体がサービス/セミナーの一時的な中断が必要と判断したとき。弊団体は、各号のいずれか、またはその他の事由によりサービス/セミナーの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因するセミナー受講者または他者が被った損害について、この規約で特に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。

 

第9条(サービスの変更、中止)
弊団体は、セミナー受講者の承諾を得ることなく、本サービス/セミナーの全部または一部を変更または中止することがあります。

 

第10条(著作権)
本サイトを通じて弊団体が提供する一切の情報(文章、音声、映像等を含む)、サービス/セミナーの内容等については、その著作権は弊団体、または弊団体に対して当該情報を提供した第三者に帰属します。

 

第11条(個人情報の保護)
弊団体は、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、団体内規程および団体内管理体制の整備、従業員の教育、並びに、個人情報への不正アクセスや個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等防止に関する適切な措置を行い、個人情報の保護に努めます。弊団体は、セミナー受講者の個人情報に関して下記の目的の範囲内で適正に取り扱いを行うものとします。 受講者の本人確認、本サービス/セミナー料金の請求、利用料金・利用サービス/セミナー提供条件の変更や契約解除の通知を行うとき。電話、電子メール、郵送等各種媒体により、弊団体に関する案内、商品等の送付を行うとき。セミナー受講者の問合せ、相談に対して回答をするとき。法令等に基づき裁判所・警察機関などの公的機関から開示の要請があったとき。 第

 

12条(免責事項)
弊団体では当サービス/セミナーにおいて提供する情報について、その内容の完全性、正確性、適用性、有用性等に関し、いかなる保証もしないものとします。弊団体はセミナー受講者が万一当該情報に基づいて被ったいかなる損害について、一切の責任を負わないものとします。弊団体は、セミナー受講者または弊団体以外の第三者に起因する事由によって、セミナー受講者が本サービス/セミナーを利用できないことについて、いかなる責任も負わないものとします。 (4) 弊団体は、天災、人災、その他の不可抗力によって、サービス/セミナーを提供できないこと、または、受講後に法改正・天災・人災などにより取引が困難になることについて、いかなる責任も負わないものとします。

 

第13条(専属的合意 管轄裁判所)
セミナー受講者と弊団体の間で本規約につき訴訟の必要が生じた場合は、福岡地方裁判所を第一審専属的合意管轄裁判所とします。



ホーム RSS購読 サイトマップ